DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

MIDI検定1級課題曲セットの中身概観 (3)

前回の続きで、制作規定書の注意点をチェックする。今回は、提出物2(2次審査用オーディオCD)に関して。提出物3(作業レポート)については次回に触れる。

daw-jones.hatenablog.com

 

2次審査は聴感審査と芸術評価のみとなるため、1次審査と違ってあれこれと細かい規定はない。要するに、再生の出来栄えさえ良ければ受験者の好き勝手に様々なツールを駆使して自由に制作することが認められている。極端な話、一部のパートで生楽器演奏の録音を混ぜても全然問題ないということになる*1

したがって、1次審査用に提出するMIDIデータと2次審査用のそれは必ずしも一致する必要はなく、制作規定書にもその旨明記されている。この点は受験案内やFAQの情報より想定の範囲内ではある。

はっきり言ってしまえば、2次審査はMIDIデータによる表現の巧拙よりも、音源の音質や性能で相当部分決着がついてしまうと予想される。なので、あまりしょぼい音源を使うとそれだけで最初から損をする羽目に陥る。そういう意味でも、私の場合は Studio One を Prime 版から Professional 版へアップグレードするか、または Tracktion 5 から Waveform へアップグレードすることは不可避と思われる。 

その他念頭に置くべき数少ない特記事項としては、

  • 楽曲オーディオの前後の無音部分はそれぞれ5秒以内とする。
  • データCDではなく、オーディオCD(CD-DAフォーマット)を作成する。媒体は、(データ用ではなく)音楽用のCD-Rが望ましい。これは以前書いた過去記事でも確認済み。

*1:その場合でも当然だが1次審査用のMIDIデータは制作しなければならない。例えばギターは生楽器演奏で対応できる可能性・現実性が最も高いと思う。もっとも、実際のところ部分的にも生演奏で対応する受験者は少ないだろう。

MIDI検定1級課題曲セットの中身概観 (2)

前回の続き。今回は制作規定書のうち、提出物1(1次審査用MIDIデータ)に関する規定項目についてチェックする。

daw-jones.hatenablog.com

システム・セットアップデータについて

冒頭1小節目のセットアップ・データについては、いくつか細かい指示があるものの、ここは率直に言って2級2次試験用の協会提供テンプレを流用するのが一番簡単かつ確実であると思う。

2級と勝手が違う点は以下の通り:

  • 各パートの音色(プログラム・チェンジ)およびチャネルについては、作業レポート(次回概観予定)の「1次審査用MIDIデータの情報」欄に指定されている通りに設定する。
  • チャネルごとのボリューム(CC#7)およびパンポット(CC#10)は任意でよい(指定なし)。
  • 2級では必ず指定されているリバーブ(CC#91)とコーラス(CC#93)についての規定はない。よってこれらも任意でよいと解釈できる(設定なし・デフォルトでも問題ないはず)。
  • 逆に2級にはない特異な規定が1点あり、1小節目のセットアップ小節は BPM=120 に設定する必要がある*1。ということは、2小節目冒頭にテンポチェンジを挿入し、楽曲本来のテンポを再設定する必要がある(2016年課題曲の場合はBPM=76)。

採点対象について

MIDIデータの審査基準については、概ね以下の過去記事で考察した通りとなっている:

daw-jones.hatenablog.com

 

繰り返しになるが、1次審査ではあくまでノートのタイミングとピッチしか採点されない。したがって、ゲートタイムやベロシティ、コントロール・チェンジについては任意に調整できる。その際、ノート含めて同一データの重複は減点対象となるので要注意である。

ピッチベンド・チェンジ使用時は、ノートオンより1ティック以上前に入れ、ゼロ戻しはノートオフより1ティック以上後に入れる旨の注記があるが、これは2級実技経験者ならば常識の範囲であろう。

トレモロ等は記譜上のピッチと最初の発音タイミングのみが評価される。したがって、MIDIデータで表現するか、音源側で対応するかはある程度自由選択の余地があると思われる。

その他特殊な表現等に関して

その他、以下3点につき注記あり。

装飾音符

主音より前のタイミングで何らかのノートが入っていればそれでOKということのようで、基本は採点対象外。逆に言うと、装飾音符に相当するノートが欠落していると減点される。

常識的には、主音の直前に32分音符等ごく短いノートを入れておけば間違いないとは思う。音符の長さは実際に耳で聴いて調整するべきであろう。

移調楽器

2016年課題曲はクラシック調の楽曲であるため、クラリネットやホルン、ピッコロ、グロッケンといった移調楽器の譜面解釈法(記譜上の音程と実際に発音する音程との関係)について一応丁寧に解説されている。

ここはクラシック畑の人かブラスバンド経験者でないとなかなか難しい領域だが、わからない場合はネットで検索すれば大抵なんらかの基礎知識は確認できる。

リタルダンド

テンポチェンジについては任意で調整可能。ただし、テンポチェンジがまったく入っていないと減点されるとのこと。これは上記装飾音符と同様の扱いとなる。

換言すると、テンポチェンジのデータがMIDIデータとして書き出されていない場合は減点するということなので、DAWで設定したテンポチェンジがMIDIデータに反映されるかどうか念のために確認しておく必要がある。

私の場合、Studio One で設定したテンポチェンジのデータがMIDIデータとして吐き出されるかどうか、やや懸念される。最悪は Domino 側で調整・設定すればよいが、これは後日検証しておきたい。

*1:おそらくセットアップ・データの送受信を確実にするためのスピード調整か。

MIDI検定1級課題曲セットの中身概観 (1)

先日に2016年第8回MIDI検定1級課題曲セットを入手したので、紹介がてら何回かに分けてドキュメントの概要や審査ルールなどをざっと確認しておきたい。なお、著作権等の事情により文書丸ごとをスキャンしてアップロードすることは控える。

入手方法など

入手可能な過年度の課題曲と申し込み方法(および1セット内訳)の詳細については、協会サイト内の下記ページを参照されたい:

MIDI検定1級試験(課題曲set)の販売のご案内

代金の支払い方法は、郵便振込みとゆうちょ銀口座への振込みの2種類から選べる。私のようなゆうちょ銀口座を保有していない人は、ATMによる郵便振込みの方が振込手数料最安となるはずである。ただし、振り込んでから現物の郵送入手まで1週間程度を見込む必要がある。

なお、複数年度をまとめて入手する場合の郵送料がどういう扱いになるかは、協会事務局に直接問い合わせて確認してもらった方がよい。私は月一程度のペースでゆっくりと段階的に入手するつもりなので個別郵送でも全然問題ないが*1

ドキュメント1: 受験者の皆様へ

これは基本的に受験案内とほぼ同様の内容の繰り返しである。要点は、提出物3点(データCD、オーディオCDおよび作業レポート)とその提出先および提出期限についてである。

以下常識の範囲ではあるが、要注意事項としては、

  • CDは専用ケースに入れる。
  • 提出物3点はクッション封筒(大きさは任意)に入れて郵送する。
  • ポスト投函は避けて、窓口にて簡易書留による送付を手続きする(ことが望ましい)。

ドキュメント2: コンポーザーからのメッセージ

A4紙1枚にて作曲者(おそらく外山和彦先生)より楽曲の勘所などを指摘。また、譜面上やや特殊な記号が使用されている場合はその解釈方法について補足される。2016年の譜面では、ホルンのゲシュトップフト奏法に関する補記がある。

スコア解釈や各楽器特有の奏法、音源対応などについては、制作実習に伴いつつ要注意点などを追って書き足していくつもりである。

現時点で言えることは、クラシックの素養がないとちょっと辛いかも、という感想の一言である。

 

次回は、熟読必須の制作規定書について概観する。

*1:過去記事でも何度か書いている通り、私の1級受験は早くとも来年(!)の夏である。

Waveformの機能概要資料

ここ最近は制作実習でも Studio One べったりだったのでちょっと久しぶりにTracktionあるいはWaveform絡みの備考を。

旧Tracktionではミキサー・コンソール・ビューを敢えて省いていたせいもあり、導入を敬遠していたユーザがかなり多かったのではないかと推測するが、今般のWaveformアップグレードによってようやく他主要DAWと互角に勝負できる位置についた印象がある。ここ最近Waveformを検索してこのブログに辿り着くアクセス件数も増えているので、日本人ユーザの間でもそれなりに関心は高まっているように思う。

しかし裏返せば、基本機能面ではもはやどのDAWを使おうとほとんど大差ない、という状況に入った感は否めない。あとは付属音源やエフェクターのクオリティとヘルパー的な機能がどれだけ充実しているか、ワークフローが自分のニーズに合致しているか、ということに尽きる。

そこらあたりの一つの判断材料として、Tracktion社のYouTube公式チャネルにいくつかWaveformの機能概要動画が上がっているので、遅ればせながら参考にしておきたい。30日体験版を試用する前の準備資料としても有益であろう。

新機能の全体概要については以下の紹介動画でざっとおさらいできる。コード・ヘルパーは最大の目玉の一つだが、オーディオ編集についてもMelodyneの機能組み込みやwarp編集(たぶん Studio One の audio bend 機能に相当)など充実ぶりを見せる。

www.youtube.com

 

そのコード・ヘルパーについては、以下の動画チュートリアルに詳しい。またMIDI編集画面が独立したペインに分離表示できるようになったのはついでに注目すべき改良点であろう(従来のMIDIクリップごと編集画面も温存されている模様)。この辺は Studio One とほぼ同じUIフォームになった感じだ。なお、コード進行候補に関しては、膨大なポピュラー既存曲をデータ・マイニングした分析結果を反映しているとのことである。

www.youtube.com

 

Waveformで追加されたミキサー・コンソールについては以下を参照。これの最大の売りは、デュアル・ディスプレイを使っている場合、ミキサー・ウインドウを切り離して別ディスプレイに表示できる点だろう。大きさや表示項目はかなり柔軟にカスタマイズできるようだ。

www.youtube.com

 

こうして見ると、Studio One のProfessional版ともろにバッティングする位置にあり、(価格差除いて)甲乙つけ難いと認識するが、私個人としては、特に以下のポイントを重点的に吟味した上で最初のアップグレード対象をどちらかに決めたい:

  • Waveformのコード・ヘルパー(パターン・ジェネレータ)がどの程度使いやすいか、あるいは有用であるか。
  • 内臓サンプリング音源Collectiveのクオリティがいかほどか。Studio One の Presence XT に比べて音質や使い勝手面でどうか。
  • 改良されたMIDI編集機能とミキサーの使い勝手の良さ。打ち込みを多用する私としては特にMIDI編集画面がストレスなく使えるかどうかは重要。
  • Studio One 付属のドラム・サンプラー Impact に相当する機能がWaveformにも備わっているかどうか。リズム演奏機というよりもオーディオ素材のカットアップに重宝するので、ある方が望ましいのだが。
  • プラグインの独自シンセ BioTek が音色含めてどの程度使えそうか。気に入ったらこれだけ購入するという手もあるが割高になってしまうので、これ目当てでWaveform一式含めて導入する価値があるかどうか。

Get Wild リミックスにドはまり他

前回記事の続きのような雑感。

daw-jones.hatenablog.com

 

上記の記事で、TMNの "Get Wild" 公式リミックス・コンテスト(以下リンク再掲)はボーカル・ステムしか提供されないのであんまり乗り気がしない、というようなことをポロリと書いてしまったが、実際にダメ元で制作を始めてみたら案外楽しいものである。

ssl.avexnet.or.jp

まだまだ稚拙なレベルであることは承知の上だが、それなりの品質に仕上がったら応募してみてもいいかもしれない。完成の暁にはYouTubeのアップ先URLをこの場所でも公開したいと思う(恥ずかしいけど)。

楽曲のバックグラウンド的なこと

ボーカル断片しか与えられていないのにどうやってアレンジしようかと思案していたが、"Get Wild" はあまりにも有名な楽曲なので、YouTube上にPVやらコピー演奏動画、歌詞やコード進行にスコア、ギターのタブ譜まで山のように転がっており、幸いなことに全部自分で一から耳コピする必要はない。おそらく主催者側はそうした状況をも踏まえ、敢えてボーカルしか提供しなかったのではないかと勘ぐってしまう。

趣旨としてはリミックスであって、原曲の再現ではないので完全なスコアは必要なく、コードさえ判明すればあとはどうにかなりそうである。因みに本曲のコードは単純なトライアドが多く、さほど複雑なコードは使われていないように見える。

なお、原曲のBPM=132は衆知の事実らしく、自分でわざわざテンポ合わせする必要はなかった。ボーカルのステムにこの値を設定の上で time stretch を適用すれば、自由自在にテンポは調整できる。

たぶん応募者の8割方はEDMで出してくると思われるので、絶対に入賞したい人は、差別化して目立つために異なるジャンルでアレンジした方が勝算あるかもしれない。

やっぱり Studio One はイイ

これとは別のリミックス制作やらMIDI検定対策も含めて実質3ヶ月ほど Studio One 3 Prime を使い倒してきたが、編集画面の使い勝手はピカイチで、生産性の高さには瞠目すべきものがある。とにかく楽曲の構成案を具体的な形に仕上げるまでのハードルが低く、今回しぶしぶ始めた "Get Wild" リミックスでもあっという間に骨格が出来上がった。

当初は Tracktion 5 から Waveform へのアップグレードを考えていたのだが、この分だとメインは Studio One の Professional 版を導入した方が賢明ではないかと傾きかかっている昨今である。Studio One はプロの方々の評価も非常に高いようなので、DTM中上級者にはDAWの最有力候補と思う。ユーザ数の多さで無難なのは Cubase だろうけど。

リミックス・ネタの補足 (国内編)

前回記事の追記。

daw-jones.hatenablog.com

英語が苦にならなければ、MetaPopは質量ともにリミックスのネタが充実しており、各コンペに参加するかどうかに関わらず、種々雑多な楽曲のステムを気軽に落としてミックスダウンの練習をやってみたり、適当に遊んだりできる。

それで邦楽はどうなのかと改めて調べてみたところ、案の定公認リミックス・コンテストは非常に数が限られるが、最近では以下の2件が話題になっているようである。ただし、海外標準と随分違うというか、食い足りなさを否めない。

一つは、ネットでも結構バズっていたTMNのヒット作 "Get Wild" のリミックス・コンテストであるが、実態はリミックスというよりアレンジ・コンテストに近い。というのも、ステムとして提供されるのは1分程度の長さのボーカル断片(しかもビットレート80kbpsのMP3ファイル)のみだからである。私はもうただただ苦笑しつつ、著作権にナーバスなavexの腰の引け具合に興を削がれる。締め切りが8月16日盆休みの頃まで長いので、気が向いたら何か作ってみてもいいかもしれないが、小室節全開の原曲が個人的にはあんまり好きじゃないしな...。

ssl.avexnet.or.jp

 

もう一つは、私が全然知らないダンスミュージック・グループ w-inds の公式リミックス・コンテストである。こちらは1GB超のステム音源をがっつり落として文字通りのリミックスにチャレンジできる趣向となっている点はよい。ただし、制作物はMP3化したものをメール送付するだけで、コンペ中はYouTubeSoundCloud等で一般には公開されない。再生数がある種の人気投票としての役目を果たしたり、ネット上で盛り上げることによる口込み効果も期待できるため、SNS非公開での密室コンペなど今どき考えられず、思わず唸る。出来レースじゃないのか、という疑心暗鬼に駆られかねない。締め切りが今月末なのはちょっとキツめ。個人的にはパス。

www.w-inds.tv

リミックス・ネタを求めて

以下の過去記事のちょっとした補足。

daw-jones.hatenablog.com

 

著作者公認リミックスが市民権を得ている海外では、DJやリミックス愛好者をターゲットにしたポータル・サイトの類が結構多数見つかるが*1、その中でも MetaPop は使い勝手がよさそうなので、遅れ馳せながらユーザ登録してみた*2

一旦MetaPopサイトにログインすれば、フィーチャーされている各種コンペのステムは手軽に落とし放題になっているため、各主催者側のサイトでユーザ登録を繰り返す必要はない。当面リミックス演習のネタには困ることはなかろう。気に入った楽曲があれば実際にコンペに参加してみるのも一興。YouTubeもしくはSoundCloudからの収益分配契約もしているようなので、腕に自信があるセミプロ級の人はお小遣い稼ぎができる可能性もある。

なお、ここはつい最近 Native Instruments が買収してバックに付いたらしく、運営主体としても一応信用は置けると思う(下記記事参照)。

NATIVE INSTRUMENTSがスタートアップ企業MetaPopを買収 | NEWS | Rittor Music Magazine Web

*1:国産サイトは私の知る限り存在しないようだった。日本の場合は権利処理がうるさいせいかもしれないが、著作者公認のリミックス・コンペも数が少なく、YouTubeやニコ動等における勝手リミックスの方が多いように感じる。

*2:FacebookユーザはOAuthによりFacebookのIDを使ってログインできる。