読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

音圧考メモ

DAWを触っていると議論が絶えないのが音圧の話題である。今現在音楽家やエンジニアの間でどの程度支持されているのかは不明だが、ここ30年前後は全体として音圧至上主義の傾向があったことは確かである。しかし、近年は海外を中心に高音圧一辺倒の流れが変わりつつあるような記事も目にする。

そうした背景の下、最近たまたま読んだ以下の2つの記事から私が汲み取った最大公約数は、「音圧を上げ過ぎると音楽として破綻する」という警鐘であるように思う。

藤本氏によるハイレゾ・CD比較記事の方は断言を避けているものの、この2つを読んで言外にも漂ってくる大きな示唆は、やはり音楽にとってダイナミック・レンジは非常に重要だということだろう。そういう意味では、問題の本質はむしろコンプレッサー処理のやり過ぎ、ということも言えるのではないか*1

av.watch.impress.co.jp

onibabako.amebaownd.com

 

音圧戦争については、2年前の以下のツイート記事がかなり痛烈な批判を浴びせている(上記藤本氏のハイレゾ・CD比較記事とも関連するところ大)。私自身もリスナー視点で頷くところが多かった。音圧至上主義が結果としてアマチュアの上達を妨げているという文脈でボカロ界隈をちょっとディスっているが、自らを棚に置けば、EDM一般が総じて酷い有様だとは常日頃感じてはいる*2

togetter.com

 

データで検証する音圧戦争という総括と論考では、以下の記事が参考になろうかと思う。例によって、音圧至上主義に対する反省と見直しは欧米市場から始まっている。

www.brainpickings.org

 

なお、ダイナミック・レンジを取り戻すという意味では、懐古趣味と批判されようが、音圧競争に毒される前の80年代前半あたりのテクノとかポップスを個人的には大いに参考にしている*3

以前、音圧向上のためにLoudMaxを活用する記事を備忘録的に書いたが、あまり無邪気に何でもかんでも上げ過ぎる(0dB付近にへばりつく)と楽曲として破綻するリスクを伴うことは、今一度自戒を込めて肝に銘じておきたい。実際には上げるどころか、音割れ防止を主眼に音圧を下げるべく、リミッター的な使い方をする場合がほとんどではあるが。

daw-jones.hatenablog.com

*1:1年前のスラドに同様な趣旨の記事が上がっていた:
ZARD「負けないで」、最近リリースされた音源ほど波形が潰れている?

*2:DAW入門中の素人やDJが最も着手容易なジャンルがEDMだから、という事情も手伝っているように思う。ループ素材を切り貼りして音圧爆上げすればそれなりのものはできてしまうから。音圧アップを煽るメディアにそそのかされて悪循環かも。

*3:私個人の最高のお手本は、Trevor Horn のプロデュースでZTTレーベルから出ていたエレクトロ・ポップの作品群。

CPU過負荷対策のためのレンダリング (Tracktion)

以前書いた記事のフリーズ処理に関して訂正と補足をしておきたい。

daw-jones.hatenablog.com

フリーズあるいは書き出しの必要性

リミックスの場合はオーディオ素材が中心を占めるので、再生時のCPU負荷がそれほど上がらずに済んでいたが、MIDI打ち込み楽曲だとWAV書き出し時であっても処理が追いつかず、どうしてもノイズ混入が避けられないことが時々ある*1

したがって、編集が確定したMIDIトラックから適当と思われる数だけ順次オーディオに変換し、処理負荷を下げる必要がある。こういう場合大抵のDAWでは、フリーズと呼ばれる処理と書き出し処理という2種類の方策があるが、レンダリングしてWAVに吐き出すという意味では両者に本質的な差異はない。フリーズの方は一時ファイルに書き出しており、手軽に元のMIDIトラックへ戻せるという利点がある。

処理負荷が高いと思しき要素 

私のMacと Tracktion 5 (T5) の環境では、少なくとも以下の2つは特にCPUの負担を増やす傾向があるように見受ける:

  • 音源レイヤーなどのラック・フィルター
  • Sample Tank 3 の音源

これらに加えて、エフェクターは基本的にT5内臓のもの以外は結構重いものが多い。なので、センド・リターンまたはバス・トラックにまとめて一括処理をしてもよさそうなところは、可能な限りそうすることによって挿入するエフェクターの数を減らす方がいいだろう。曲によってはなかなかそれも難しい場合はあるが。

フリーズ・ポイントの活用

T5ではフリーズするにあたり、トラック丸ごとだけではなく、フリーズの処理タイミングを細かく調整できる。いわゆるフリーズ・ポイントという内臓プラグインを挿入することで、各トラック毎にどこまでフリーズするかを決められる(下例参照)。

f:id:daw_jones:20170408224600p:plain

したがって、フリーズしたトラックであっても、フリーズ・ポイントをフェーダーの前に挿入した場合は、たとえばソロ再生で音質の確認もできるし、もちろんミュートもできる。

フリーズの限界と注意点 (T5)

それでも私が試した限りでは、T5ではまだ以下のような限界がある*2:

  • バス・トラックを構成する個別のトラックはフリーズできない。この場合はバス・トラック自体に対してフリーズを適用する。
  • インストゥルメントのリリース・タイムが長い、もしくはディレイ等エフェクト処理により長い残響があるトラックにフリーズを適用すると、演奏が途絶えたタイミングでブツ切れになる*3

トラックまたはMIDIクリップのレンダリング

上記フリーズ処理の限界を回避するには、トラックまたはMIDIクリップごとにレンダリングで書き出してしまう方がいい。あとで再編集・修正の可能性を考えると、元のMIDIトラックを置き換えずに別トラックへと書き出し、再生時にソースのMIDIトラックはミュートするとよい(下のトラック・プロパティ例を参照)。

f:id:daw_jones:20170408232241p:plain

*1:根本的にはPC/Macの性能を上げる必要があることは重々承知しているが。

*2:バージョン6以上では改良されている可能性がある。また他のDAWではどうかは知らない。

*3:バグ臭いのだが、どうもMIDIクリップ単位でオーディオが切られているように見受ける。

TracktionがWaveformへ進化

本年1月の NAMM 2017 ですでに公表されていたようだが、Tracktionシリーズが発展進化してWaveformとして生まれ変わり、本国ではちょうど1週間前の4月3日に正式リリースが公表された。

icon.jp

www.tracktion.com

ask.audio

 

遂にと言うべきか、ミキサー・コンソール・ビューが提供された模様。これがなかったのはTracktion最大の泣き所で、長年にわたるユーザの強い要請をさすがに無視できなかったのだろう。あと注目すべきは、コード・ヘルパー等様々な作曲支援ツールが搭載されている点で、私のような初級者には結構ありがたい機能だと思う。また、内臓サンプラー・シンセとしてCollectiveが同梱されるが、これは最近私が使い始めた Studio One の内臓シンセ Presence XT に奇しくもよく似ている。T5では非常に貧弱である内臓エフェクター類も大幅に機能向上しているようである。

なお、ようやく日本市場の代理店パートナーが決まり、Media Integration, Inc. が日本ユーザ向けの窓口とサポートを請け負うようである。同社による販売開始は4月27日を予定とのこと*1

www.minet.jp

 

所詮は趣味の範疇なので私は現状T5でもあまり不足は感じないが、今秋予定のMacの買い替えタイミングでWaveformにアップグレードしようかと検討中。抱き合わせバンドルなしのBasicバージョンで税込$103弱というのはこの手の高機能DAWとしては破格の安さである。

*1:日本語マニュアルやサポートが不要であれば、本家サイトから直接購入ダウンロードしても構わないと思われる。この点は他の海外製DAWも同様。

MIDI検定2級2次のための Studio One 3 Prime 使用上の注意点など

前回記事を受けて、Studio One 3 Prime版をMIDI検定2級2次試験用に使うにあたっての勘所などをまとめる。といっても、SMF自体の作成はMML/Dominoですべて完結するため、再生およびWAVレンダリング処理上の設定・調整のみとなる。

daw-jones.hatenablog.com

音色の選定

GM音源の音色名とその実際の音を参考に決める。完全に同一でなくても同系統の音であれば問題ない。ドラム・キットについては、迷った場合は"Standard"でよい(おそらくGM音源のそれとほぼ同じもの)。なお、GMパーカッション・マップには準拠している。

オクターブ調整

MIDI検定の規定により、ギターとベースは譜面記載の音程より1オクターブ下げてMIDIデータを作成しているが、GM音源以外で再生する場合は、譜面通りに戻すよう1オクターブ上げる必要がある。ベースなどは音源側であらかじめ低域シフトしているからである*1

これの対処は実は簡単であり、該当トラックのインスペクターを開いて、Transposeの値を"12"と入力すればよい(下例参照)。ここのTranspose機能を使った場合、インポートした元のMIDIデータはそのままでよく、わざわざオクターブ上げるためのノート編集は不要である(再生時のリアルタイム・トランスポーズ処理となる)。

f:id:daw_jones:20170420171624p:plain

ドラムおよびパーカッションのゲートタイム(デュレーション

MIDI検定推奨値である10前後のままでは、あまりにも短か過ぎて正しく発音できないようである*2。もう少し長くして16分音符程度に調整する必要がある。すなわち、MIDIエディター上でノートを全選択し、マウスでノートの末尾区切りを適当にストレッチして一括調整する。

エフェクト処理

音源の Presence XT 側に簡便なエフェクター類が揃っているので、EQやリバーブ、コーラスといった基本エフェクトに関してはそちらで対処する方が簡単だと思われる(必要に応じて)。残念ながらPrime版で利用可能なDAW側のエフェクトは種類も限られており、機能的にも音源側のそれと大差ないのであまり利用価値がない。

通常のDAWであれば、マスター出力にもEQとコンプを必ず挿入するのだが、このMIDI検定2級対応に限ってはその必要は特にないと思う。コンプレッサー*3を適用せずとも、程よい音圧とそれなりの音質*4でWAV書き出しは可能である。

ボリューム調整とWAV書き出し

各トラックおよびマスターのボリューム・レベルがすべて0dBを下回るように調整する。Prime版ではリミッター・プラグインを挿入することができず、また正規化処理(ノーマライズ)機能もないため、すべて手探りの設定となるが、とりあえず0dB未満を保てば書き出し時にクリップすることはないと思う。

WAV書き出し処理(メニューバーより Song > Export Mixdown)に際して万一クリップが発生した際は警告メッセージが出るので、その場合は再度ミックス画面に戻ってフェーダー調整後にやり直す。上述の通りに0dB未満のルールを守っていれば、何回もやり直しに陥るリスクはほぼないはずである。

*1:これは Studio One 以外のDAWを使用するときでも同様の注意点である。

*2:Studio One ではパーカッション系の音色でもゲートタイムを律儀に解釈適用しているからであろうか。TPQN=960のT5ではそのままでも特に問題ないのだが。

*3:Prime版で用意されているのは、EQおよびハイパス・フィルターに簡易コンプレッサーを一緒くたにしたようなもの (Channel Strip) だけである。

*4:一応まともに聴こえるというレベル。芸術評価なしの2級実技ではそれで十分である。

MIDI検定実技のための Studio One 3 Prime 使用方針

前回記事の続き。生楽器音源の種類がある程度揃っており、その音質も申し分ないので Studio One 3 の無料版であるPrimeをMIDI検定実技用のDAWとして使用することに決めたわけであるが*1、制作ワークフローの中での位置づけというか、使用方針めいたものを簡単にまとめておくことにする。

daw-jones.hatenablog.com

2級対応

以前にも書いた通り、2級に関しては、DominoによるGM音源再生音をAudacityで録音し、適当にコンプレッサー処理すればWAVファイルまで作成できる。つまり、Studio One の使用は必須というわけではない。

daw-jones.hatenablog.com

 

しかし、以下のような理由により、MML/Dominoで作成したSMFを Studio One に読み込んでWAVファイル出力をやることも無意味ではない:

  • GM音源よりもう少し音質を良くしたい。
  • Soundflowerを介した音声出力チャネルの切り替えが煩わしいので回避したい。

ただし、本番では制作時間が非常に限られるため、あくまで時間が許せば、という条件付きとなる。

あと注意すべきは、エフェクト等仕上がりのクオリティは評価されないので、凝ったミキシングをやる必要はない、ということ。ドラムについても、時間がなければパラアウトまでやらなくていいだろう*2

1級対応

MIDIデータの打ち込み量が格段に多い1級については、2級とはまた違ったアプローチが必要となる。

すなわち、2級とは流れが逆で、

  1. MMLを援用しつつ Studio One 側で基本となる楽曲MIDIデータを作成する。
  2. それをDominoへ引き継いだ後、DominoにてMIDIチャネルの割り当てとセットアップデータなどを付加することで最終成果物としてのSMFを作成する。GM音源での再生チェックもDominoでやる。

といったフローになるだろう。

下記の過去記事でもふと漏らしたように、1級対策ではDominoは不要と一旦は思っていたが、GM音源再生用のSMFを作成する上ではやはり不可欠であると判明。そこは利用目的が異なるDAWと上手に役割分担させればよい。

daw-jones.hatenablog.com

 

一方でオーディオCD作成のためのレンダリング処理については、そのまま Studio Oneで制作続行するという分業形態となる。

これは実際にやってみないとわからないが、もし仮に Studio One でのミキシングが満足できない場合は*3、ステム毎または2ミックスのオーディオ出力結果をTracktionへ読み込んで最終ミックスおよびマスター編集をやることも考えなければならない*4。このあたりの詳細はまた追って検証したいと思う。

*1:Prime版はプラグイン追加にまったく対応しておらず、また機能面や使い勝手の観点から、自主制作では Tracktion 5 を継続使用し、両者使い分ける。

*2:Studio One に備わっている、MIDIイベントのピッチ別トラック自動分解(メニューバーまたは右クリックから Event > Explode Pitches to Tracks)を使えば、割と簡単に実現可能ではあるが。

*3:Prime版は内臓エフェクターが非常に貧弱なので、その可能性がないとも言えず。

*4:2級練習曲を使ったテストでは、2ミックスをTracktionで加工編集するだけでも音圧アップやある程度の音質向上は認められる。理想はステム毎のインポート加工とマスター編集であるが、本番でそこまで手を入れる時間的余裕があるかどうかは疑問。

Studio One 3 Prime の MIDI CC 対応について

前回記事の補足訂正。脚注でPrime版はMIDIのコントロール・チェンジ (CC) に再生対応していないようだと書いたのだが、その後の試用調査で概ね対応していることが判明したので、訂正がてら設定方法などをまとめておきたい。

daw-jones.hatenablog.com

MIDIのCC対応は Presence XT の問題

MIDIのCC受信対応はDAW本体ではなく、発音させるインストゥルメント側の問題である。これはおそらくどのDAWでも当てはまる注意点だと思う。したがって、今回試用対象とした Studio One 3 Prime 版の場合は、内蔵音源である Presence XT の機能と設定に依存する。

なお、Tracktion 5 など外部プラグインを使えるDAWであれば、各楽器プラグイン側の問題となる(たとえば Synth1 のケースについては下記の過去記事参照)。

daw-jones.hatenablog.com

特別な設定なしで機能するCC

使用頻度が高いCCのうち、以下の2種類は特別な設定なしに対応済みのようである:

  • CC#1 Modulation  / NB: 音色によっては明白な効果は出ない模様。
  • CC#64 Hold 1 (Sustain) / NB: ピアノ音色で効果は確認。

CCとは別に、ピッチベンド・コントール (PB) には当然ながら対応している。なお、PBと CC#1 Modulation は、再生時に Presence XT のホイールGUI(バーチャル・キーボードの左端)がパラメータに応じて自動で上下する状態によっても動作確認できる。

ユーザ側での設定が必要なCC

唯一 CC#11 Expression のみユーザ側での追加設定が必要となる。すなわち、モジュレーション・マトリックスマッピング定義で、通常は下例の通りに "Amp - Level" にマッピングすれば所望の効果を得る。ここでスライダーを右に振っておかないと反応しないので注意する(デフォルトの中央位置のままでは受信反応しない)。

f:id:daw_jones:20170406145056p:plain

 

モジュレーション・マトリックスの詳細については、Reference Manual の第14章 Built-in Virtual Instruments における Presence XT の説明のうち、最後の方の Modulation Matrix の節(pp.267-268)を参照されたい。

非対応らしきCC

CC#10 Panpot (定位)は設定選択項目にもなく、SMF側の定義データも受信再生しないようである。どうしても必要な場合の代替手段としては、Presence XT のエフェクターであるオートパンを使うか(下図参照)、DAWのオートメーション機能で対応すればよい*1

f:id:daw_jones:20170406134342p:plain

Presence XT のチュートリアル

Presence XT は、シンセおよびサンプラーエフェクターが一つに合体したような多機能音源なので、最初からマニュアルと首っぴきでは消化不良を起こすだろう。これも英語資料になってしまうが、短時間で概要を把握するには以下のYouTube動画が非常に参考になると思う。

www.youtube.com

www.youtube.com

Studio One 3 Prime をMIDI検定用DAWとして使う

以上の通り、PBはもちろんのこと、少なくとも使用頻度の高いCCには対応できる。これならMIDI検定実技用のDAWとしては使えそうである。これ以上は長くなるので、具体的な使用方針については稿を改めて書くことにしたい。

*1:その他のCCについても、実際の制作現場ではDAWのオートメーション機能を利用するアプローチの方が一般的ではないかと思う。私も自主制作ではCCはほとんど使わない。

Soundtrap AcademyでDAWのプレ導入学習

音楽家・愛好家同士のコラボレーションを主眼とした、クラウドベースのDAWとも言えるSoundtrapで、無料のチュートリアル・コースが2種類開講された。

academy.soundtrap.com

 

なお、Soundtrap本体については、3年ほど前に「DTMステーション」でも紹介されていたようである*1:

www.dtmstation.com

 

今回開講したMOOCのうち、Certified Soundtrap Expert の方は、Soundtrap の機能を一通りカバーするチュートリアルになっており*2、英語さえ問題なければ、DAWをまったく触れたことのないユーザ向けの超入門として使えるかもしれない。音楽制作全般のイントロにもいいだろう。

本コースは完全にマイペースでの学習が可能で、いくら時間を掛けても構わないが、各レクチャーは非常に短く簡潔なため、実際のところ集中して取り組めば、早い人なら1、2時間で修了可能と思う。講義内容も、ポップ・クイズ含めて簡単過ぎるほど簡単である*3

ブラウザー(およびiOS/Androidアプリ)で起動可能なSoundtrapのDAWは、案の定基本的な機能に限定されているが、勘所を手っ取り早く習得するにはかえって好都合であろう。基本機能・操作に関しては、どのメーカーのDAWもほぼ同じであるからだ。

Soundtrapの使い道

頻繁にコラボ制作する人には福音だろうか。しかし、私も含め、自分のPC/MacにすでにDAWをインストール済みのユーザは、わざわざ有料プランでフル機能のDAWとして使う必要があるかどうかは些か疑問である。

敢えて活用するならば、無料プランで使える音源の中でも特にギターの音色が結構良いので、例によってオーディオ素材作成機として使えそうな気はする。因みに、楽曲中の各トラックはWAVファイル(44.1kHz/32bit)で落とせる。また楽曲全体 (song) はMP3(320kbps)でローカル保存可能。

または、リズムやフレーズなどの備忘録的な使い方もいいかもしれない。その場合はスマホ等デバイス連携は重宝すると思う。

*1:この紹介記事以来、各料金プラン別の提供機能は大幅に改訂されている。詳細は料金案内ページを参照。

*2:もう一方のコースは、学校教育現場での導入・運用に特化した教育者向けコースである。

*3:正直非常に易しい。おそらく、従来公開していた個別の機能紹介動画の寄せ集めっぽい。