読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

使用予定のDAWソフトなどについて

DAWソフトの選定

Tracktion (T5) に決定

正に群雄割拠の感あるDAWソフト市場だが、どれも一長一短ある上に有償完全版は結構お高いので(数万円の投資を覚悟)、私のような初心者がそうおいそれとお試し買いはできない。少なくとも初期段階では、なるべく機能制限の少ない無償ソフトが使えないものか、と探し回った挙句に落ち着いたのが、英国製の Tracktion である。大変ありがたいことに、現行最新版の2世代前に当たる Tracktion 5 が完全無償公開されたので、当面はこれを使用してみることに決めた。

Tracktion は、1画面構成のUIが独特な操作・デザイン構成になっており、そのマニアックな側面もあってか、他の代表的なDAWソフトに比べてそれほどメジャーな存在ではない。しかし最近は1画面構成が主流になりつつあるらしく、逆に時代が Tracktion に追いついたというような印象も受ける。かの Cubase も今般のメジャーアップデートで1画面構成を採用したそうである。

www.dtmstation.com

因みに、Cubase は国内ユーザシェアNo.1(と推定される)とのこと。メーカーの Steinberg 社がヤマハ傘下ということも手伝って営業上のアドバンテージがあるということなのかもしれない。機能制限のElementsバージョンだと1万円前後で買えるという低価格も有利であろう。

漁ってみたオープンソースDAW

とりあえず試行段階用の無償版はないかと、そこは当然オープンソースのものも探してはみた。今の所OSSで有名なのは以下の2つと思われるが、今回私はいずれも使用を見送った:

Ardour は事実上シェアウエアのような扱いになっていて、完全無償というわけではないので現段階ではパス。もちろんそれでも商用ソフトよりは破格の値段ではある。将来導入してみる可能性はあり。

MusE は無償利用可能ではあるが、バイナリはLinux版しかない。私の仮想環境で少し試してみたものの、UIがとっ散らかってて非常にわかりにくく、MIDI信号の遅延もあってパフォーマンスが悪い。ドライバー関係も問題だらけで結局ボツ。

ソフトシンセのプラグイン

とりあえずは以下の3つをT5に導入し、無事発音成功:

当面はこの3つプラスT5の付属シンセおよびエフェクターさえあれば十分。Synth1 は言うまでもなく国産ソフトシンセの代表格で、アナログシンセっぽい分厚いサウンドが非常にいい。DEXED は YAMAHA DX-7 のシミュレータで、金属的な音色を得意とする。Crystal は Synth1 同様のアナログシンセモデルで独特な音色効果に定評あり。

追記

その後、生楽器音源への対応として、Studio One 3 Prime も導入した。プラグインを一切追加できないという機能制限があるため、これはもっぱらMIDI検定の実技対策用途が主眼であるが、自主制作においてもデモ版やアイデア・スケッチ用に使ったりはできる。

daw-jones.hatenablog.com

MIDIシーケンサー

T5にも細かなMIDIデータ編集機能は付いており、当然ながら velocity や gate time の修正は可能である。しかしもっと複雑なコントロール・チェンジの編集まで容易に可能かどうかは現段階では確認できていないため、念のために以下のMIDI打ち込み用ソフトもあわせて導入した:

Domino はDTMユーザの間では有名な国産フリーウエアである。現在生き残っているMIDIシーケンサーソフトの中で、機能的にまともなソフトとしてはほとんど唯一だと思う。残念ながらWindows版しかないので、Macで利用するにはWine上で動かす方法が一つの手であるが、試してみたところ全然問題なく動作し、Mac内臓のGS音源も認識・発音する。

率直にいって、MIDIシーケンサーMIDI検定2級2次(および1級)試験の実技対策用である。通常の音楽制作において一曲丸ごとMIDI打ち込みで対応することはほとんど考えられず、部分的なMIDI編集であればなおさらDAW(T5)付属の機能で十分だ。しかしMIDI検定2級では一曲丸ごとのMIDIデータの正確性を問われるため(というかそれしか評価されない)、DAWによるMIDI編集・SMF書き出し機能で問題ないかどうか、あるいは編集作業が効率的かどうか、不安が残る。Domino はいわば楽曲MIDIデータ編集タスクの分業用である。

むろん、T5によるMIDI編集機能で十分対応可能と判明した場合は、わざわざ別途 Domino を使う必要はない。また、MIDI検定試験を無事終了した暁にはお払い箱になる可能性が高い。