読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

Tracktionのチュートリアル資料

Tracktion 制作一般

MMLおよびDominoを活用した楽曲MIDIデータの作成と、AudacityによるWAVファイル出力までは一通り制作手順が固まったので、MIDI検定2級対策の基礎は準備完了したと考えてよいだろう。

daw-jones.hatenablog.com

 

残る課題としては、1級対策を念頭に置きつつ、上記手順で作成済みの楽曲MIDIデータをDAW (Tracktion 5) にインポートし、音色やエフェクトなどの編集を加える制作実習がある。実はもうすでに、MIDIデータのインポートからプラグイン・ソフトシンセによる発音およびエフェクトまでは軽く実践済みなのだが、未解決の問題がいくつか残っている状況なので、それらも含めて整理がてら後日稿を改めることにする。

その前にまず、Tracktionの操作に慣れ親しむためのチュートリアル資料を以下にまとめておきたい。ただし、特に日本ではまだユーザが少ないせいか、私が探った限りでは日本語の入門講座は皆無で(表面的な紹介記事は除く)、すべて英語資料となることを予め断っておく*1。また、一般に利用可能な入門書籍の類は、今のところ洋書和書共に存在せず。

紹介記事

唯一の日本語資料になるが、「DTMステーション」の藤本氏による紹介記事は、少しばかり概要把握に有益であろう。なお、記事対象になっている無償版のバージョンは Tracktion 4 だが、紹介機能の範囲においては現行無料バージョンの 5 と大差ないので気にしなくてよい。

www.dtmstation.com

公式マニュアル (PDF)

メーカーの公式資料は、下記マニュアルのダウンロード・ページより利用可能である。現時点では Tracktion 4 のマニュアルのみ完全版(PDF)が無償ダウンロード可能である。UIや基本機能はT5とそれほど大差ないようなので、T4のマニュアルも見ておいて損はない。ただし、このマニュアルはどちらかというと機能レファレンスという体裁であり、これをチュートリアル代わりに精読するのは無理があろうかと思う。

www.tracktion.com

さしあたり、§4.3 MIDI and MIDI Clips および §4.4 The MIDI Editor はざっと通読しておいた方がよいだろう。

機能全般

上記マニュアルでの学習はしんどいので、以下のYouTubeチュートリアル・シリーズ(全15回講座)の視聴を勧める。はっきり言って、現状まともなチュートリアルはこれしかないように見受けられる*2

www.youtube.com

 

本シリーズは、もともとT3のチュートリアルとして公開されていたレクチャーをT4用に更改したものである。T4講座とはいうものの、大枠の基本機能に関してはT5用としても大半が流用可能だが、UIなどの細かい点では両バージョンで相違がある。

なお、T3のチュートリアル・シリーズより移行漏れとなっているレクチャーのうち、MIDI編集機能については別途視聴しておいた方がよいと思う。

www.youtube.com

T5追加機能関連

上記の基本講座を押さえた上で、T5の追加新機能については、メーカー公式サイトの以下のビデオ・ページから、"T5 Videos" のコーナーを参照。全部で20本のビデオが利用可能だが、どれもせいぜい5分ないし10分程度の短い尺なので(Overviewは1、2分程度)、それほど時間を費やさずに済むと思う。

ちなみに上で紹介した15回講座チュートリアルのビデオも "T4 Videos" のコーナーからリンクが貼られている(一部抜粋)。なお、T6およびT7関連のチュートリアルも当然網羅されているが、今の時点では特に参照する必要はない。

www.tracktion.com

 

私個人が一番注目しているT5の新機能は、ステップ・シーケンサーである。特にリズム系に関しては、予め作成済みのMIDIデータを読み込むのではなくT5を使って新たに打ち込むのであれば、ステップ・シーケンサー機能を使う方が効率的かつ編集が容易である*3

www.youtube.com

*1:ぶっちゃけ私自身もまだ学習中である。なお、個人的に当座の間最も必要とする機能はMIDI編集関連であり、DAWの華とも言えるオーディオ編集加工は後回しとする。どちらかといえば、DAW全体の機能よりもむしろ、個々のソフトシンセによる音作りやエフェクトの掘り下げ実習を優先すべきかもしれない。

*2:12回目以降最後の4回分はMackieプラグインチュートリアルなので省いてもよい。

*3:残念ながらMIDI検定実技では活用する出番はなさそうだが。