DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

譜面入力にMuseScoreを使う

MIDI検定1級課題曲のスコアは、残念ながら紙の印刷物のみでPDFファイルでは提供されないため*1、本ブログで譜例を作成する際には別途スコア入力ソフトを使って再現している。ここで私が愛用しているのは、オープンソースでフリーの MuseScore である。

musescore.org

2015年にバージョン2に上がってから大きく機能強化が図られ、洗練されたUIで使いやすくなった。本年5月にさらに2.1へ上がり、譜面作成用途では定番の有償ソフトである FinaleSibelius と比べても、もはや遜色ないレベルではないか。よほど特殊なニーズでもない限りはプロの使用にも耐えうると思う。現在、次期バージョン3の開発が鋭意進行中で、将来的には Finale などよりも MuseScore が主流になる可能性も秘めている。

もっとも、最近の主たるDAWでは上位バージョンでスコア編集機能を備えているものが多いので*2、わざわざ別個のスコア入力ソフトを導入するインセンティブは小さいかもしれないが。

*1:2級2次試験実技の本番課題曲は試験当日の紙配布のみで、2次筆記含めて過去問は一切公開されていない。その代わりに本番直前の練習曲のみPDFで無償ダウンロード可(過去3年分)。

*2:Studio One は、Artist版またはProfessional版のオプションで楽譜作成(+α)ソフトの Notion をバンドルすることもできる。Cubase や Logic Pro X なども譜面作成機能がある。