DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

MIDI検定2級1次試験に合格

当初予定より1日早い本日、第19回(平成29年度)MIDI検定2級1次試験の合格者発表があり、協会ウェブサイトにて合格者受験番号が掲示された。同時に、私自身も想定通り合格したことを確認した次第である。

平成29年度MIDI検定2級1次試験 結果発表

言うまでもなく2級1次は2次試験チャレンジへの途中道程に過ぎず、達成感には乏しいものの、年の瀬を目前に一つ肩の荷が下りた気分にはなる。年明けからは本年度2次試験用の練習曲に取り組んで事前準備を整え、2月末の一番底冷えするであろう季節にいよいよ本番を迎える、といった予定である。

上記結果発表ページに記載の通り、今回2級1次試験の受験者総数は182名、うち合格者は139名であった。合格率は76.37%となり、これは新旧制度通して過去最高の結果である。知識問題は新傾向問題や引っ掛けなどがなく素直な出題が多かったこと、またイベントリスト問題は協会側の校正ミスで意図せざる別解(抜け穴)を招いたこと、などが要因と思われる。特に後者の影響は大きく、ある意味外れ値あるいは異常値と思った方がよい。若干混乱気味だったイベントリスト問題については、以下の記事も参考にされたい。

daw-jones.hatenablog.com

明るい話題としては、受験者総数が182名に上り、これは新制度に切り替わった2012年第14回以降で過去最高を更新したことである。おそらく2次試験受験者数についても、新制度になって以来初の100名超過で過去最高になる可能性が高いと予想される。

新制度になってからここ数年1次受験者数は概ね150名未満で伸び悩んでいたため、主催者も驚いたに違いないが、原因はよくわからない。このまま来年以降も増大を続けるかどうかはまったく未知数である。