DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

2018年度第10回MIDI検定1級の日程が決定

本日、協会より2018年度のMIDI検定試験スケジュールが公表された:

2018年度MIDI検定試験のご案内

同時に、昨年度第9回MIDI検定1級課題曲の販売公開も始まったが、これについてはまた稿を改める。

私はつい先月末に2級2次試験を受験したばかりで、依然として結果待ちの状態ではあるが、仮に2級を無事にパスできた場合には、本年8月実施の第10回1級試験を受験するつもりでいる。率直なところ、MIDIの打ち込み技能に関しては2級まで到達すれば十分だと思うが、1級ではミックスダウンなどのオーディオの仕上がりに対する芸術審査という貴重な体験ができるため、ここまで来たら是非チャレンジしたいものである。

それでその1級の今年の試験日程だが、8月10日(金)〜20日(月)の実質10日間となった(20日が提出期限で制作には使えないと想定)。例年通り試験期間中には土日の週末休みが2回到来するので、これに最低1日夏季休暇を追加すれば丸5日間の制作日を確保、これらとウィークデイの日々短時間作業を合わせてなんとか対応可能かとは思う。

曲調は比較的打ち込みが容易なクラシック風だとありがたいが、今年は1級試験発足10周年ということで、奇をてらった難解なアレンジを出してこないかと冷や冷やもんである。たとえば、武満徹とか黛敏郎じゃないが、意表を突いて伝統邦楽をモチーフにした楽曲だと面白いが、私の受験年には避けていただきたい(苦笑)。