DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

MacによるオーディオCDの作成

以下記事の補足で、オーディオCDの作成方法に関する簡単な備忘録とする。幸いサードパーティー製の書き込みソフトは一切不要である。

daw-jones.hatenablog.com

iTunesを使う方法

データ書き込み同様に非常に単純で、要はiTunes上に適当なプレイリストを作り、それをディスクに書き込むという操作手順を踏む。詳細は以下の公式ヘルプを参照されたい。

support.apple.com

応用例として、MIDI検定1級で対応する際は以下のような手順となる:

  1. Studio One や Tracktion などのDAWからミックスダウンを書き出したWAVファイル(44.1kHz/16bit)をiTunesに取り込み、タイトルやその他属性情報を必要に応じて編集する。
  2. "MIDI検定1級"等適当なタイトルのプレイリストを作る。
  3. 上記1で取り込んだ楽曲を、2で作成したプレイリストに加える。
  4. 2で作成したプレイリストより「プレイリストからディスクを作成」 > 「オーディオCDの作成」を選択実行する。デフォルトではディスク名称はプレイリスト名称に同じとなる。

GarageBandを使う方法

GarageBand (GB) でマスター編集した楽曲をGBから直接オーディオCD化できる。私はおそらくこのアプローチは採らないが、最終工程のDAWとしてGBを使う場合はこの方法が一番お手軽かもしれない。

support.apple.com

記録メディアについて

オーディオCDの作成にあたっては、記録媒体としてデータ用CD-Rを用いても技術的にはなんら問題ない。音楽用CD-Rは価格に私的録音録画補償金が上乗せされているだけのことで、Mac/PCで焼く場合はデータ用CD-Rでも(技術的には)作成可能である。

私も maxell のデータ用CD-Rを使って一応試してみたが、オーディオCDとして認識され、まったく何の支障なくiTunes上で再生できることを確認した。