DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

新しいフリーのサウンド素材

最近になって LANDR と NI (Native Instruments) の大手業者からロイヤルティ・フリーのサウンド素材がダウンロード利用できるようになったので、備忘録がてらに紹介しておきたい。サウンド・ライブラリーもクラウドの時代に移行しつつある動きが垣間見えると思う。

LANDR Samples

こちらは(今のところ)すべて無償の割には提供素材の数がかなり多い。今現在はLANDRのコアサービスであるマスタリング処理への呼び水的な位置付けであるように思うが、将来的には一部にせよ有償化される可能性がなきにしもあらず。

LANDRの既存ユーザは、自分のアカウントから「サウンド」リンクを辿ってログイン・アクセスできる。また、各サウンド・パックは一括ダウンロードが可能である。

Studio One Prime 版や GarageBand の付属ループ素材では飽き足らないところを補完してくれそうに思う。お試しでいろいろダウンロードしてみて創作意欲をかき立てるにはうってつけである。

samples.landr.com

Sounds.com

これはかの Native Instruments 社による新サービスで、なかなかジャンルが豊富な上に高品質である。ただし、こちらについては無償素材はごくごく一部で、基本は有償プランでの月単位サブスクリプションということになっている。どちらかというとプロ向けかもしれない。

こちらはなぜかパックごと一括ダウンロードができず、一つずつファイルを個別に落とす仕様になっている。

sounds.com

容易に想像できると思うが、NI社基幹製品との連携やプラグインを介したDAWからの統合アクセスを視野に入れているように見える。なお、今現在はまだベータ版の段階にあり、有償プランはUS限定となっている模様である。

djmag.com