DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてちまちまとDTMを楽しむ記録+MIDI検定1級到達記

Python 3 エンジニア認定データ分析試験が来夏開始

ちょっと音楽関連から脱線してしまうが、以前から気になっていたPythonエンジニア認定試験・データ解析編のカリキュラムと実施スケジュールがようやく決定、つい2週間ほど前に公表されたようである。昨年の基礎編スタート時とは違ってメディアではあまり報じられていない様子なので一応取り上げておこうかと思う。

www.pythonic-exam.com

年明けからベータ版試験を何回か繰り返した後、正式版試験の開始時期は来年夏頃とのこと。基本教材は先頃出版されたばかりの下記教科書が指定され、「第5章 応用:データ収集と加工」以外のすべてが出題範囲となる。

www.shoeisha.co.jp

上述書の目次で明らかなように、対象パッケージとしては、

  • NumPy
  • pandas
  • Matplotlib
  • scikit-learn

の4つで、特にscikit-learnの出題比率が大きい。やはり昨今のAI/機械学習ブームを考慮すると最低限これは省くことができないパッケージだと思うが、ニューラルネット(深層学習)は対象外ということになる。データの前処理、SVMや決定木、アンサンブル学習などの割と古典的な機械学習、モデルの予測精度評価などの基礎的なパフォーマンス分析が中心となると思われる。

昨年ちくりと批判したように、基礎編はほとんど受験価値がないという感想を抱かざるを得なかったが、今回公表されたデータ解析編は試してみる価値はありそうだ。

daw-jones.hatenablog.com