DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてちまちまとDTMを楽しむ記録+MIDI検定1級到達記

TidalCycles入門 (2): VS Code 上での実行環境

以下記事に引き続き、今回は Atom の代わりに VS Code エディターをライブ・コーディング環境に使う場合の設定方法などを簡単にまとめておきたい。

daw-jones.hatenablog.com

拡張機能の導入

ここで VS Code に導入すべき拡張機能は2種類ある。すなわち、実行環境を用意するものとシンタックス・ハイライトの2つである。

実行環境

以下の拡張機能を導入すればよい:

TidalCycles for VSCode - Visual Studio Marketplace

基本的にはAtomエディターとほぼ同一の使い方ができる上に、独自の便利機能もいくつか追加されているようである。大概の環境ではデフォルト設定で問題ないとは思うが、好みの設定やパスの定義等微調整を必要とする場合は上記公式ページを参考にされたい。

シンタックス・ハイライト

実は上述の拡張機能 "TidalCycles for VSCode" を入れただけではシンタックス・ハイライトが何もない状態で、エディター画面上は非常に見辛い。

ご承知の通り、TidalCyclesはHaskellの実行環境上でコーディングするため、ここでは "Haskell Syntax Highlight" を導入し、Haskellシンタックス・ハイライトを間借りする:

Haskell Syntax Highlighting - Visual Studio Marketplace

これに加えて忘れてならないのは、ファイル拡張子.tidalHaskell言語に関連づけるよう settings.json に定義を追記することである。これに関しては、上記 "TidalCycles for VSCode" 公式ページ中の "Syntax Highlighting" の項を参照されたい。

もっとも、ハイライトの具合は正直なところAtom拡張機能の方が見やすいかと思う(カラーリングはおそらく設定変更できるのだろうけど)。好みにもよるが、コーディング・パフォーマンス自体はまだAtomを使う方がしっくり来るかもしれない。

f:id:daw_jones:20191022221649p:plain

おまけの設定: サウンドブラウザー

この VS Code拡張機能には、TidalCyclesで呼び出せるサンプリング音源の試聴というAtom拡張機能にはない便利機能が搭載されている。上記の通り、シンタックス・ハイライトには少々難があるためコーディング自体はAtomを使うとして、これとは別に音源試聴チェックは VS Code を援用するといった使い分けもありかと思う。

事前設定の方法に関しては、上記 "TidalCycles for VSCode" 公式ページ中の "Sound Browser" の項記載の通り、要は本拡張機能の設定画面における Tidalcycles > Sounds: Paths という項目に音源格納フォルダー(ディレクトリ)*1をパス設定するだけのことである。

パスの設定後は下例の通り、アクティビティ・バー上に出ている TidalCycles アイコンをクリックし、各サンプル・ファイル名の上でマウスオーバーすると表示される再生ボタン・アイコン押下して再生試聴できる。これは非常に便利な機能なので、追加設定することを強く推奨したい。

f:id:daw_jones:20191022223136p:plain

*1:Macの場合はデフォルトで $HOME/Library/Application Support/SuperCollider/downloaded-quarks/Dirt-Samples に保存されているはずである。