DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

MIDI検定3級合格

先日4日に受験した平成28年度MIDI検定3級試験の合格発表があり、私は予想通り合格していた。なお、MIDI検定に関しては、筆記試験の3級と2級1次試験までは合格して当たり前なので特に感慨はなし。順当な結果というか、普通に真面目に勉強やれば誰でも難なく合格水準には達するし、3級は2級・1級取得への一里塚に過ぎないので、その資格自体に特段大きな意味はないと割り切ってはいる。

協会発表によれば、今回(第19回)の3級試験は、受験者数が512名で合格者数378名、ということなので、合格率は73.83%であった。これは2012年に新制度試験に改まって以来の最高水準である。思うに、受験日翌日にも感想で少し触れたのだが、やはりイベントリスト問題の易化の影響は小さくないのではないか。

daw-jones.hatenablog.com

一方、同日実施された2級1次試験の今回合格率は48.20%で、これは逆に62 or 63%程度であった前回・前々回よりは大幅に悪化しているわけだが、実は2013年に24.19%という all time low をマークしており、結構ムラが生じる傾向に困惑する(MIDI検定試験結果の推移)。少なくとも暗記知識問題に関しては毎回ほぼ同一の出題であることを考えると、どちらかと言えば受験者クオリティが安定していないということなのだろうか。

さて、私の次回2級1次試験受験は、ちょうど1年先である来年12月初頭まで持ち越しである。その分受験準備期間は余裕たっぷりであり、これで不合格だったら罰が当たるという状況である。公式ガイドブックは既に通読済みであるため、復習がてらの過去問演習から再開したい腹づもりだが、それも来年の夏以降対応で十分間に合うはずである。

因みに、3級と2級1次試験は同時受験が可能である。私の場合、受験を思い立ったのが9月末頃だったので時間的な余裕もなく、同時受験というチャレンジング(無茶)な真似は到底できなかったが、たとえば半年以上の準備期間を確保できる受験生であれば同時受験もまったく問題ないだろう。ついでに2級2次実技試験へそのまま流れ込むというスケジュールも不可能ではないと思う。

その2級2次実技試験対策については、別途稿を改めて書くこととしたい。