DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてちまちまとDTMを楽しむ記録+MIDI検定1級到達記

iOS版シンセの Synth One はオススメ

昨日 Apple App Store の Today 紹介ページでフィーチャーされていたため、私を含めて初めて気づいた人も少なくなかったのではないかと想定されるが、オープンソースの無償iOS版シンセ Synth One *1がとても素晴らしく、思わず紹介したくなった次第である。

音楽を愛する人たちへ:App Store ストーリー

audiokitpro.com

基本的にはiPad用のアプリであるが、iPhoneに入れても一応問題なく動作はする。多彩な音色とエフェクト、アルペジエーター表現の豊富さにしばし圧倒されること請け合いである。中途半端な有償アプリはちょっと太刀打ちできないのではなかろうか。

これをMacやPC上のDAWと連携する場合は、DTM用のキーボードとオーディオ・インターフェースに繋いでオーディオ録音する方法が一番手っ取り早いであろうが、もしもiOS内で完結使用する場合は、いわゆる Inter-App Audio 接続で本 Synth One と iOS版のDAWアプリなどを連携させることになる。

www.dtmstation.com

代表的なところでは、iOSGarageBandで演奏録音する手がある。操作手順の詳細については下記チュートリアルなどを参考にされたい。

www.youtube.com

support.apple.com

なお、iPhone上の Synth One ではアプリ切り替え用のアイコンがどうも表示されないようなので、演奏録音後に GarageBand へ容易に戻る手立てがないところが難点である。

*1:名称が酷似するものの国産の無償プラグインシンセで名高い Synth1とは別物である。