読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAW悪戦苦闘記

DAWやMIDIを通じてDTMを楽しむ記録。MIDI検定試験にもチャレンジするなり。

2015年2月期練習曲No.4の演習

MIDI検定2級2次試験演習の続き。今日は、2015年2月期練習曲セットから、最後の練習曲No.4を取り上げて分析し、要点を整理する。 私が調べた限り、利用可能な過年度練習曲セットは2014年2月期以降の4年分なので、現時点でちょうど半分消化完了となり、残りは2…

コード進行ツールを作曲支援に使う

1週間ほど前にチャレンジしてみたリミックスの演習は、音響素材編集や楽曲アレンジ、ミックスダウンとマスタリングの面で相当勉強になり、DAWユーザとして一挙に経験値が上がった感触がある。もちろん、楽しいことこの上ないので、私のような初心者はMIDI打…

2015年2月期練習曲No.3の演習

MIDI検定2級2次試験演習の続き。今日は、2015年2月期練習曲セットから練習曲No.3を取り上げて分析し、要点を整理する。 この曲は、すでに手掛けた練習曲No.1やNo.2に比べれば易しいと感じられる。8ビートのロック調でリズムはどちらかといえば単調だし、調性…

2015年2月期練習曲No.2の演習

ご無沙汰していたMIDI検定2級2次試験演習の続き。今日は、2015年2月期練習曲セットから練習曲No.2を取り上げて分析し、要点を整理しておく。 入力を始める前に譜面全体のチェックを あまりにも当たり前過ぎることではあるが、初心者として改めて肝に命じなけ…

ミックスダウンとマスタリングの注意点 (Tracktion)

前回記事と若干重なるところもあるが、最終工程であるミックスダウンとマスター編集・WAV書き出しに関し、やってみて得られた知見を改めて整理しておきたい。勘所は他DAWとも大方共通すると思う。 daw-jones.hatenablog.com トラックの整理とバス共通化 ドラ…

オーディオ素材の加工とリミックス (Tracktion)

前回記事の蛇足。お試しの軽い気持ちでいろいろ制作作業をやってるうちにドハマリで、初心者なりに気づいた注意点や T5 (Tracktion 5) の限界などをメモしておきたい。 daw-jones.hatenablog.com 下準備について 素材吟味の重要性 今回は8種類のステムが用意…

Re:animation リミックス・コンテスト

今ちょうど Re:animation のリミックス・コンテストが作品募集中で、私のようなDAW初心者はビギナー部門で練習がてらに応募してみるのもいいかもしれない。特にオーディオ素材の加工編集スキル習得にちょうどよい機会であろうと思う。MIDIばっかりでは面白さ…

2015年2月期練習曲No.1の演習

先月末で一段落したMIDI検定2級2次試験練習曲による制作演習の続き。今月は、2015年2月期練習曲をNo.1から順番に取り上げて行く予定である。今日はその練習曲No.1の分析と勘所について補足しておきたい。 daw-jones.hatenablog.com ハンマリングとプリングオ…

複数音源のレイヤー合成 (Tracktion)

Tracktion 5 上での音色レイヤー合成の実現方法について備忘録的にまとめておく。 音色のレイヤー合成とその目的 レイヤー合成とは音色の重ね合わせのことであり、音色に厚みや広がりを持たせる目的でEDM等において多用される。単色では線が細いストリングズ…

LANDRの試用感

AIで自動マスタリングするという触れ込みのWebサービス LANDR がずっと気になっていたのだが、無料サービスの範囲でちょっと試してみた。 daw-jones.hatenablog.com 結論から言うと、特に必要ないな、という印象である。 今回の試用サンプルは、MIDI検定2級2…

クラシック風楽曲の生楽器対応フリー音源

MIDI検定2級実技の場合はGM音源使用でもまったく問題なく、芸術評価がない分、少々音色のクオリティに不満が残ろうが特に対策を打つ必要はないと思われる。しかし、1級実技の2次審査ではそうも行かない可能性が高い。そうなると、例えば2014年の1級課題曲の…

2014年2月期練習曲No.4の演習

今回は、第15回MIDI検定2級2次試験(2014年2月期)練習曲の最後の演習題材として、 練習曲No.4を取り上げる。 本曲は調性がFマイナーで、フラットが4つも付いているので、どのパートも正確なピッチでのノート入力に苦労させられると思うが、特に音数が多いク…

MIDI検定1級公開セミナーの動画など (2)

前回の続きというか蛇足。その他1級実技対策上の課題や問題点、セミナー3回全体を通しての感想などを追記しておきたい。 daw-jones.hatenablog.com 1級対策用の作業フローや使用ツールについて 1級課題曲のスコアを見て確信したのは、Dominoはたぶん使えない…

MIDI検定1級公開セミナーの動画など (1)

楽器フェアなどのイベントの一コマとして、MIDI検定1級受験者のための学習セミナーが催されていたようで、2012年、2013年および2014年の3回分がYouTubeで公開されている。いずれも、1級の課題曲を作成担当している作曲家の外山和彦先生をメイン講師として、…

ベロシティの表現と編集 (Domino)

前回の続き。 daw-jones.hatenablog.com 今回は下図譜面例のようなストリングズにおけるベロシティのダイナミックな調節を取り上げる。 各ノートのベロシティ値は、実はMMLでも指定可能ではあるが、Dominoの方が直感的に編集しやすく結果の確認も容易である…

ピアノの代表的なMIDI入力ポイント

今回より次の練習曲に移り、第15回MIDI検定2級2次試験(2014年2月期)練習曲からNo.3を演習例題として取り上げる。本曲は、珍しいことにチャネル10のドラム・パーカッションが存在しないバラード調の曲である。 今までの演習(練習曲No.1およびNo.2)で遭遇…

EDM制作講座が面白い

たまたま発見した以下のEDM制作講座(めずらしくも日本語)がなかなか勉強になったのでご参考までに。丁寧な解説ナレーション入りなので、DAWの自学自習に使えるであろう。また昨年12月アップなので技術的に古いという心配は無用と思う。クリエーターの方に…

ドラムの各楽器パーツ別トラック分解

過去記事にて将来課題の一つとしてまとめたように、本来ならばドラムについてはキックやスネア等各パーツごとにトラックに分離してエフェクト処理をする必要がある。そうせずに単一トラックでマスター編集した場合、特に不満を覚える大きな問題は、キックが…

本日は第18回MIDI検定2級2次試験の日

今日2月18日は表題試験の実施日である(課題提出は20日消印有効)。と書きつつ、私は来年の次回19回受験組のため、直接は関係なしの状況である。 今さら他の受験者の励ましになるかどうかはわからないが、YouTubeに過去の年配受験者の合格コメントがアップさ…

ナチュラルの指定とその有効範囲

前回の続き。本例題曲(第15回MIDI検定2級2次試験練習曲No.1)のスコアではナチュラルが多用されているので、それについて補足しておく。 daw-jones.hatenablog.com MMLによるナチュラルの指定方法 本曲の調性に基づきFの音にはシャープが付く。すなわち G M…

オクターブの指定について

DominoとMMLを併用する場合のオクターブの合わせ方について、初回演習時に書き漏らしているので、ここで改めて補足しておきたい。 Dominoの環境設定 Dominoでは、メニューバーより ファイル > 環境設定 と進み、「全般(1)」サブパネルを開く。ここの「オクタ…

連符の入力方法 (DominoおよびMML)

今回よりしばらくは第15回(2014年2月期)MIDI検定2級2次試験用の練習曲のうち、練習曲No.1を演習素材とする。ジャズ・スイング調の本曲は3連符を多用しているため、連符の基礎練習にふさわしいのではないかと思う*1。 練習曲No.2を使った以前の初回演習同様…

TracktionによるMIDIデータ編集 (5)

一応前回まででMIDI検定1級実技対策をも見据えた制作手順の確立と編集スキルの基礎固めは一通り完成できたのではないかと思う。あとは当面の間、2級対策としてひたすら練習曲のMIDI打ち込み演習を繰り返すということになろう。 ただし、SMF制作以外にも今以…

DTMクイズで一息

まさかのBuzzFeedにDTM関連のポップ・クイズが出されてた。コーヒーブレイクにでもお試しあれ。 www.buzzfeed.com 激ムズと銘打ってはいるものの、これはまぁMIDI検定受験者またはDAWユーザであれば全問正解して当然かと。一応私も全問正解したです。

TracktionによるMIDIデータ編集 (4)

前回の続き。今回の作業工程としては、エフェクト処理とWAVファイル出力ということで、いよいよ最終段階である。 daw-jones.hatenablog.com エフェクト処理の基本方針 T5の場合、プラグイン・エフェクトを挿入する対象は、個別のクリップ、トラックおよび楽…

TracktionによるMIDIデータ編集 (3)

前回の続き。今回は、ドラム・キットのプラグインを出力フィルターに挿入して発音させることを試みる。といっても、プラグインの挿入操作自体はソフトシンセの場合とまったく同様であるから、前回記事の繰り返しは避ける。 ドラム・パーカッションの場合はむ…

TracktionによるMIDIデータ編集 (2)

前回の続き。前回は、SMFすなわち楽曲MIDIデータを読み込んだところで終了した。 daw-jones.hatenablog.com 今回は、そのMIDIデータに従ってプラグイン・ソフトシンセを発音させる設定までをやってみる。なお、ドラム・パーカッション系かそうでないかで勘所…

TracktionによるMIDIデータ編集 (1)

今回より、すでに実習で制作済みのSMF(標準MIDIファイル)をDAWに取り込んで編集加工を実践し、一連の作業フローを確立しておこうと思う。これは2級実技では必ずしも必要な作業工程ではないが、芸術評価の加わる1級実技では必須と考えられるので、DAWの習得…

MIDI検定3級成績表および合格証受領

正直今さらではあるが、昨年末に受験・合格したMIDI検定3級試験の合否通知・成績表、および3級合格証(ライセンスカード)を昨日郵送受領した*1。 daw-jones.hatenablog.com 今回の私の総合点は95点であった。知識問題は重箱の隅を突くようなマニアックな設…

Tracktionのチュートリアル資料

MMLおよびDominoを活用した楽曲MIDIデータの作成と、AudacityによるWAVファイル出力までは一通り制作手順が固まったので、MIDI検定2級対策の基礎は準備完了したと考えてよいだろう。 daw-jones.hatenablog.com 残る課題としては、1級対策を念頭に置きつつ、…

Wineが2.0へアップデート

昨年末に下記記事で書いた通り、DominoをMac環境で使用するにあたってはWineが必須となる。そのWineであるが、一昨日24日にv2.0のメジャー更新版をリリースした。Dominoは古いWindowsソフトであるため最新のリソースは特に必要とせず、v1.8あるいはv1.9の旧…

DAW制作上のキモ、みたいな話

下記LANDRブログの記事で我が意を得たりなことが書いてあったので、自戒も込めて備忘録的に引用しておきたい。この「20のtips」の中でも、私個人としては特に8および9が刺さるポイントである。 blog.landr.com マニュアルをきちんと読むべし この辺は美術と…

譜面解釈のポイント: チョーキング

前回の続き。サンプル曲は同じく第15回(2014年2月期)MIDI検定2級2次試験用の練習曲No.2である。今回は、典型的なチョーキング(ベンディング)について。 daw-jones.hatenablog.com チョーキングの効果 チョーキングはギター奏法の一種で、無段階かつ滑ら…

譜面解釈のポイント: ドラム譜

ここより何回かに分けて譜面解釈上の注意点を整理したいと思う。サンプル譜面としては、従前通り第15回(2014年2月期)MIDI検定2級2次試験用の練習曲No.2を俎上に上げる(以降、「本サンプル曲」と呼ぶ)。当然のことながら、今後他の練習曲等を実践した都度…

コンプレッサーについて

繰り返しになるが、MIDI検定2級実技用の制作物に関しては基本的にエフェクト処理は不要である。ただし、唯一の例外としてコンプレッサーだけは必須、ということを前稿で書いた*1。 daw-jones.hatenablog.com なぜコンプレッサーが必要か 端的な理由は、コン…

制作手順: WAVファイルの書き出し

今回は一番最後の工程となるWAVファイル書き出しに関して補足しておく。 daw-jones.hatenablog.com エフェクト処理とWAVファイル作成 要は、編集完了した楽曲MIDIデータをDominoで再生しつつそれをAudacityで録音し、再生確認の上で問題なければそのままAuda…

制作手順: MIDIデータの追加編集とSMF書き出し

各パート毎の音符MIDIデータをマスター編集ファイルの該当チャネルへコピーした後は、ゲートタイムやピッチベンドといった表現系のデータを編集加工または追加していく。この作業は各パート毎に順繰りに完成させていく方が漏れなく着実に仕上げられると思う*…

制作手順: パート毎MIDIデータのDomino取り込み

今回は、各パートごとにMMLで記述作成したMIDIデータファイルをDominoへ読み込み、マスター編集ファイルへ統合していく操作について補足する。 daw-jones.hatenablog.com Dominoを2つ立ち上げる Mac上ではWineを介しての起動となるが、それぞれ独立したプロ…

調性の判定と五度圏

MMLで効率的に譜面データを記述するには、楽曲の調性判別が欠かせない*1。また、MIDI検定2級2次試験の筆記試験の部では、試験当日に提示された課題曲の譜面を見てその調性を解答させる設問もあるようだ*2。どちらにしても調性判定は必須のスキルである。 と…

同一パートの高音部と低音部の対処

ピアノなどの伴奏楽器パートにおける高音部(ト音記号のスコア)と低音部(ヘ音記号のスコア)のMIDIデータをどうやって効率的に作成編集するか、という問題について少し触れておきたい。 DAWで直接編集する場合は、高音部と低音部でトラックを分けるという…

制作手順: MMLによるMIDIデータの作成

今回は、ドラム・パート以外のMIDIデータをMMLで効率良く作成する手順について補足する。MMLスクリプトの構成概要もここで説明しておきたい。 daw-jones.hatenablog.com MMLによるパート譜の記述 MML自体かなり豊富な言語仕様を備えているので、楽曲全体のMI…

制作手順: ドラム・パートの入力編集

制作手順詳解の続き。今日はドラム・パートのMIDI入力と編集について。制作手順の全工程概要については以下の記事に基づく: daw-jones.hatenablog.com なお、各楽器パートの入力順は基本的にユーザのお好み次第だが、ドラム・パートはゲート・タイムの編集手…

MIDIチャネルとトラックについて

Dominoでは各楽器パートを「チャネル」に割り当てるインターフェースになっているが、一般的なDAWでは「トラック」に割り当てる仕組みとなっている。この相違は私のような初心者にとっては非常に紛らわしい点の一つである。 MIDIはいわば演奏データの送受信…

制作手順: MIDIマスター編集用ファイルの作成

今回より数回に分けて、MIDI検定2級実技用のMIDIデータ・ファイルおよびオーディオ・ファイル制作手順の詳細・勘所を補足し、前日に書いた手順概要を肉付けして行きたい。 daw-jones.hatenablog.com 今日は、手順1および2に該当する「マスター編集ファイルの…

MIDI検定2級実技制作の手順

年末に初体験お試しで練習曲1曲を使った制作実習を一通り完了し、MIDI検定2級実技の制作手順がほぼ固まったので、ひとまずまとめておくことにしたい。本日は作業手順の流れをざっと概観するに留め、個別具体的な詳細については稿を改めて追々書き足していく…

mml2midのMacへの導入手順

MML

前回記事で触れたように、楽曲全体のMIDIデータ打ち込みを大幅に効率化する手段としてMML/MIDIコンパイラを援用することに決めたわけだが、具体的な運用手順や使用上の注意点などを記す前に、同ソフトのMacへの導入方法について、以下簡単にまとめておく(Li…

LANDR(ランダー)による自動マスタリング

ちょっとした備忘録。 自動マスタリングのWebサービスである LANDR が「DTMステーション」にて紹介されていたのだが、これはMIDI検定1級試験の助っ人として使えるかもしれない。 www.dtmstation.com 日本での提携先である Sleepfreaks の紹介記事でも指摘さ…

やっぱりMMLを援用することに

現在、2014年2月実施分のMIDI検定2級2次試験練習曲を使ってMIDIデータの打ち込み演習中であるが、効率的なデータ作成にあたってはやはりMMLが有益であると判明したので、制作完了前の quick note として忘れぬうちに記しておきたい。 DominoあるいはDAWによ…

MIDI検定2級練習曲の公表

年明け2月下旬に実施される第18回MIDI検定2級2次試験用の練習曲4曲が、一昨日25日に例年通り協会サイトにて公開された。私は今回受験するわけではないので本練習曲に今すぐ取り組む必要はないのだが、後日の制作実習に活用したいと思う。 ざっと譜面を閲覧し…

Dominoに関するチュートリアルなど

Dominoのチュートリアル Dominoの多彩な仕様のうちでMIDI検定試験実技に必要な機能は非常に限られているし、MIDI検定3級レベルの基礎知識があれば直感的にすぐ使えるので、たとえば添付の取扱説明書を隅から隅まで理解する必要はないと思うが、一応チュート…